メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アブラムシが巣を修復する仕組みを解明 産総研などの研究チーム

 アブラムシの一種が、植物の組織でできた巣「虫こぶ」の穴を自らの体液でふさぐ仕組みを解明したと、産業技術総合研究所(産総研)などの研究チームが発表した。2ミリ四方程度の穴の場合は幼虫100匹以上が集まって30分以内にふさぐという。米科学アカデミー紀要(電子版)に16日掲載された。

 アブラムシの仲間約5000種のうち約80種はシロアリなどと同じ役割分担をする社会性昆虫で、生殖を担う個体と巣の防衛を担う個体がある。このうちモンゼンイスアブラムシは、関東から九州まで広く分布する常緑樹イスノキに寄生し、組織を変形させて虫こぶを作る。体長約0・5ミリで…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文685文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです