メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アブラムシが巣を修復する仕組みを解明 産総研などの研究チーム

 アブラムシの一種が、植物の組織でできた巣「虫こぶ」の穴を自らの体液でふさぐ仕組みを解明したと、産業技術総合研究所(産総研)などの研究チームが発表した。2ミリ四方程度の穴の場合は幼虫100匹以上が集まって30分以内にふさぐという。米科学アカデミー紀要(電子版)に16日掲載された。

 アブラムシの仲間約5000種のうち約80種はシロアリなどと同じ役割分担をする社会性昆虫で、生殖を担う個体と巣の防衛を担う個体がある。このうちモンゼンイスアブラムシは、関東から九州まで広く分布する常緑樹イスノキに寄生し、組織を変形させて虫こぶを作る。体長約0・5ミリで…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです