メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

温室効果ガス排出量、CO2換算で前年度比1.2%減 17年度確定値

環境省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 環境省は16日、2017年度に国内で排出した温室効果ガスの総量が、二酸化炭素(CO2)換算で前年度比1.2%減の12億9200万トンだったとの確定値を発表した。4年連続の減少だが、エアコンや冷蔵庫の冷媒に使われる代替フロンの回収が進まず、政府が掲げる削減目標にはまだ開きがある。

 地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に基づき、日本は30年度に13年度(14億1000万トン)比で26%排出削減する目標を掲げる。しかし、17年度の排出量は13年度比で8.4%減にとどまる。

 環境省によると、再生可能エネルギーの普及や省エネなどでエネルギー起源のCO2排出は減少傾向。一方で温室効果がCO2に比べはるかに高い代替フロン「ハイドロフルオロカーボン(HFC)」の排出が増え続ける。政府は代替フロンを正しく回収しない場合の罰則適用を厳格化するフロン排出抑制法改正案を今国会に提出している。【五十嵐和大】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです