メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国内の世界遺産、大規模火災なし 防災補助金は年々減少

米軍のB29編隊が落とした焼夷弾が命中し炎上する名古屋城天守閣

 国内には1993年に初めて登録された「法隆寺地域の仏教建造物」(奈良県)や「姫路城」(兵庫県)、昨年登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎県、熊本県)など18件の世界文化遺産があり、いずれも建造物が含まれる。古い木造も多いが、登録後に大きな火災は起きていない。

 一方、国指定重要文化財は2009年に横浜市の「旧住友家俣野別邸」、12年に岡山市の「金山寺(かなやまじ)本堂」が全焼した。

 文化財の防火などの管理体制は、49年の法隆寺金堂の火災を受けて翌年できた文化財保護法で定められた。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです