メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハゲタカジャーナル対策前進も、日本学術会議の影響力に期待

日本学術会議のウェブサイト

 粗悪学術誌「ハゲタカジャーナル」の存在は科学全体の質を落とすため、多くの研究者が問題視しているが、一部を除いて大学や研究機関の動きは鈍い。「学者の国会」とも呼ばれる日本学術会議が対策に乗り出せば、大きく改善が進む可能性がある。

 ハゲタカ誌はずさんな論文審査が特徴で、利用する研究者を「研究業績を金で買う行為…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 四国トピックス 「眼鏡曇らないマスク」 徳島の2店がコラボし開発 通気性抜群「接客業にぜひ」 /徳島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです