メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「がん疑い」検査結果を見落とし、患者死亡 富山大病院

医師の検査結果の見落としがあり、謝罪する林篤志病院長(中央)ら=富山市杉谷の富山大付属病院で2019年4月16日、青山郁子撮影

 富山大付属病院(富山市)は16日、コンピューター断層撮影(CT)の画像診断でがんが疑われるとの結果を記載した報告書を担当医師が見落とし、患者が約1年後に死亡したと発表した。患者の氏名や病名は遺族の意向で非公表としている。林篤志病院長は「患者、遺族に多大な負担と心痛をかけ、深くおわびする」と謝罪したが、見落とした事実と死…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです