メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪の競技日程、米TVの意向色濃く 午前に決勝目立つ

 2020年東京五輪の競技日程は、巨額の放映権料を支払う米国のテレビ局の意向を色濃く反映した編成になった。米国のゴールデンタイムに合わせて午前開始の決勝種目が過去大会よりも多く、特に米国がお家芸とする種目が目立った。

 陸上の午前決勝は9種目で前回の16年リオデジャネイロ五輪より1種目増加。高視聴率を見込める時間帯に、男子走り幅跳びや男子110メートル障害など前回よりも米国の有望種目が並んだ。

 米放送大手NBCユニバーサルは、14年ソチ冬季五輪から32年夏季大会までの10大会分の米国向け放映…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. ORICON NEWS 内野聖陽、『きのう何食べた?』細部までいき届いた繊細な演技に絶賛の声
  3. 春の叙勲 令和初、4225人が受章
  4. 大きな虹 福岡の空に
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです