メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪の競技日程、米TVの意向色濃く 午前に決勝目立つ

 2020年東京五輪の競技日程は、巨額の放映権料を支払う米国のテレビ局の意向を色濃く反映した編成になった。米国のゴールデンタイムに合わせて午前開始の決勝種目が過去大会よりも多く、特に米国がお家芸とする種目が目立った。

 陸上の午前決勝は9種目で前回の16年リオデジャネイロ五輪より1種目増加。高視聴率を見込める時間帯に、男子走り幅跳びや男子110メートル障害など前回よりも米国の有望種目が並んだ。

 米放送大手NBCユニバーサルは、14年ソチ冬季五輪から32年夏季大会までの10大会分の米国向け放映…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  3. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  4. 銅管楽器作り挑戦 学園祭で親子ら 江津・職能短大 /島根

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです