特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

アスリート交差点2020

バドミントン・奥原 東京五輪の出場権争い、自分らしく思い切り楽しみたい

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アジア大会のバドミントン女子団体決勝で中国と対戦し、シングルスに出場した奥原希望=ジャカルタで2018年8月22日、宮間俊樹撮影
アジア大会のバドミントン女子団体決勝で中国と対戦し、シングルスに出場した奥原希望=ジャカルタで2018年8月22日、宮間俊樹撮影

 今月末から東京五輪の出場権を懸けた五輪レースが始まります。1年間のワールドツアーなど国際大会の獲得ポイントで争う長丁場です。1勝や1点で人生が変わることもある過酷な戦いに覚悟を持って挑みます。今回は大会で対戦する女子シングルスのライバルたちを紹介します。

 2016年末からほぼ世界ランキング1位を維持しているのが台湾の戴資穎です。163センチで日本選手の体形に近く、技術の高さが特長です。打つタイミングが多彩で、何を打ってくるのかギリギリまで分かりません。一発で相手を崩すショットを持っていて、予測しないと取れません。

 対策は、こちらの意図通りに打たせるような配球をしていくことです。一見すると相手が攻めているようで、実は自分が主導権を握っているという展開に持ち込みたいです。

この記事は有料記事です。

残り1276文字(全文1615文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集