メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

開沼 博・評『「声」とメディアの社会学』北出真紀恵・著

時代によるメディアの移り変わりと求められる「声」の変遷を分析する

◆『「声」とメディアの社会学 ラジオにおける女性アナウンサーの「声」をめぐって』北出真紀恵・著(晃洋書房/税別2800円)

 4年目に入ったラジオ番組での週1回のパーソナリティーの仕事をはじめ、放送メディアに定期的に出演している。その中でふと考えてしまうのは、この仕事は結局、誰に対してどんな価値を生み出しているのか、ということだ。ニュースを伝えるだけならアナウンサーが淡々と読めばいいし、むしろいまはスマートフォンのニュースアプリで見たほうが、自分の都合に応じて硬軟織り交ぜて読めるので効率が良い。娯楽を提供したいなら面白おかしく番組を作りこめばいいのだろうが、自分に求められていることも、あるいは、よく共演するお笑い芸人の方たちに求められているだろうことも、そこにとどまらない何かだ。もちろんスポンサーがいればスポンサーに喜ばれるようにという話なのだろうが、そのためにもまずは受け手が満足する良い番組を作ることが大前提だ。

 自分の中でとりあえず出ている一つの答えは、番組が、放課後の部室のような帰属欲求を満たしてくれる居場…

この記事は有料記事です。

残り1007文字(全文1501文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
  5. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです