メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 池田達也『しょぼい喫茶店の本』

フラフラできる場所を守ることが今の僕の仕事だと思っている

◆『しょぼい喫茶店の本』池田達也・著(百万年書房/税別1400円)

 「しょぼい喫茶店」と聞いたときは、それが店名だと気づかなかった。こういう名前の喫茶店が、東京・西武新宿線の新井薬師前に実在するのです。駅から続く昔ながらの商店街を5分ほど歩いた、雑居ビルの2階にある7席だけの喫茶店。店主の池田達也さんは現在24歳。本書では、いかにして開業し今に至るかを真っすぐに書いた。

「僕には諦め癖があって、無理だなと思うと我慢できずにやめてしまうんです。就職活動もそれで失敗しました…

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1387文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  5. EU離脱 「氷の女王」誤算 メイ首相が辞任表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです