メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 池田達也『しょぼい喫茶店の本』

フラフラできる場所を守ることが今の僕の仕事だと思っている

◆『しょぼい喫茶店の本』池田達也・著(百万年書房/税別1400円)

 「しょぼい喫茶店」と聞いたときは、それが店名だと気づかなかった。こういう名前の喫茶店が、東京・西武新宿線の新井薬師前に実在するのです。駅から続く昔ながらの商店街を5分ほど歩いた、雑居ビルの2階にある7席だけの喫茶店。店主の池田達也さんは現在24歳。本書では、いかにして開業し今に至るかを真っすぐに書いた。

「僕には諦め癖があって、無理だなと思うと我慢できずにやめてしまうんです。就職活動もそれで失敗しました…

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです