メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

平成エンタメ小説/上 リアルの深化と解放 ミステリーの隆盛、ホラーも定着

 平成のエンターテインメント小説をふり返ると、時代を映しながらさまざまに変容してきた。ジャンルごとに多彩な様相をみせた作家の登場と作品をたどってみたい。

   ■  ■

 平成に入って間もなくの1992年、社会派ミステリーの巨星、松本清張が亡くなった。社会派の一大ブームがかげりをみせたバブル期にもたらされた訃報だった。

 この頃隆盛を誇っていたのは冒険小説、ハードボイルドだった。

この記事は有料記事です。

残り1558文字(全文1746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです