メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 授業が始まる時間になると、のそりと教室に入ってきて、まずその日の内容を15分ほどかけて黒板に全て書きつけてから、ようやく生徒の方に向き直り、静かに授業を始める社会科の教師。

 15分間、真面目に書き写す者もいたが、大半の生徒は毎回退屈だった。

 あるとき、その15分間で先生を驚かせるようなことを考えようと1人の生徒が言い出した。

 どうせならクラス全員でやろうということになり、手始めに全員で同じ体勢でほおづえなどをついてみた。

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文767文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです