メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

福山雅治 ドラマ「集団左遷!!」片岡洋役 「頑張り」見せぬ美学

 メガバンクの支店長役に「50歳を迎えたからこそ頂けた役柄。そんな年齢になったんだな」としみじみ。「日曜劇場」枠に満を持しての初主演となった。「上司にも部下にも挟まれるサラリーマンの悲哀を、明るくポップに描いた。老若男女問わず楽しめます」と胸を張る自信作だ。

 歌手や俳優として活躍するほか、二枚目のイメージでありながら、軽快なトークを聴かせるラジオパーソナリティーの顔も持つ。デビュー間もない頃は「今度はラジオでこれを話そう」と日常の出来事をメモして臨んでも全く面白く話せず悩んだ。放送後の自分の番組や他の番組を聴いて研究し、「楽しく聴ける番組には、しゃべる本人が心底面白がっていたり、興奮したりしているからこそ生まれる同調効果がある」と気づいた。今はあえてトーク内容を用意せ…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  4. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

  5. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです