裁判員体験本

裁判員19人のリアル 量刑に疑問/大きな財産 制度10年、経験者寄稿を本に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
昨年12月に東京都内で開かれた「裁判員ラウンジ」には、約10人の裁判員経験者が参加した
昨年12月に東京都内で開かれた「裁判員ラウンジ」には、約10人の裁判員経験者が参加した

 裁判員裁判の経験者や法曹関係者が、体験談や制度への提言をまとめた書籍「あなたも明日は裁判員!?」(日本評論社)を出版した。2009年5月の制度導入から、来月で10年。編著者の飯(いい)考行・専修大法学部教授(法社会学)は「裁判員経験者のリアルな声を知ってもらい、制度10年の節目に改めて裁判に関心を持ってほしい」と呼び掛けている。【蒔田備憲】

 飯教授は、裁判に関心のある市民や法曹関係者が、気軽に裁判員経験者の体験談を聞く場をつくろうと、2014年12月に「裁判員ラウンジ」を始めた。同大の学内で今年3月までに計18回行い、計23人の裁判員経験者が参加した。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文872文字)

あわせて読みたい

注目の特集