メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震3年

火の国の春満開 動植物園、休園中も世話欠かさず

 2016年4月の熊本地震で被災した熊本市動植物園(熊本市東区)が昨年12月の全面開園以来、初めての春を迎えた。地震から3年。今年度限りで定年退職する植物栽培担当の村上恵(めぐみ)さん(59)は地震以降、休園中も約600種の花や草木の手入れを欠かさず、来る春を心待ちにしてきた。「少しでも地震で傷ついた人たちの癒やしになれば」。育て続けた思いも花開いた。

 市職員の村上さんは09年に園に配属。遊具管理を3年担当した後、植物栽培を任された。植物ゾーンは園の…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1019文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです