メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 闇の中にごう音が響き、舞い上がった炭壁の削りかすが、あらゆる器官に入り込む。むせかえるような湿気と高温。鉱員たちの怒号が飛び交い、ゴキブリを工具で殺すと、たちまち周りのゴキブリが襲いかかり食べてしまう。炭鉱の現場はまさに弱肉強食の世界だった--。

 一部が世界遺産になった長崎市の旧高島炭鉱。昨年、そこで働いた経験を著書にした岩崎健典(たけのり)さん(76)は1986年の閉…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです