メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作品展

日本画家・穐月さん 動物、七福神、鬼をユーモラスに38点 収集した人形も展示 伊賀・青山讃頌舎 /三重

作品を眺める穐月大介さん=三重県伊賀市で、広瀬晃子撮影

 伊賀市の日本画家、穐月(あきづき)明さんの作品展「可愛い絵・楽しい絵」が、同市別府の美術館「青山讃頌舎(うたのいえ)」で開かれている。猫などの動物や七福神、鬼などをユーモラスに描いた絵画38点や収集品の博多人形など19点を展示している。6月23日まで。土日曜日と祝日に開館(平日は要予約)。無料。【広瀬晃子】

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文561文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです