メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フリーダイビング

鈴鹿のダイバー・大井慎也さん 魅力広め五輪競技へ 独学で呼吸法学び鍛え /三重

 空気タンクなどを使わず、息を止めて潜る深さや距離を競う「フリーダイビング」。フリーダイバーの大井慎也さん(40)=鈴鹿市中江島=は日本記録保持者で、同市を拠点に国内外で活躍している。「まだまだ知られていないフリーダイビングという競技を、自分が活躍することで広めていきたい」と意気込む。

 大学生のときに体験したクジラなどを眺める「ホエールウオッチング」が忘れられなかった。「海に集まってくる人たちにも興味を持った。個性豊かな人が多かった」。卒業後は沖縄県でダイビングのインストラクターを始めた。

 しかし約7年が過ぎ、「なんとなく三重に戻ろうと思った」。インストラクターを辞め、津市のデザイン会社…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1088文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです