メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麻倉ケイトさん

性同一性障害「暮らしやすい県に」 /滋賀

三日月大造滋賀県知事(左)と歓談する麻倉ケイトさん=同県庁で、北出昭撮影

 県の「健康しが大使」、女優・歌手の麻倉ケイトさんが県庁を訪れ、三日月大造知事と歓談した。麻倉さんは男性の体で生まれたが、心は女性であると自認する性同一性障害(トランスジェンダー)に悩んだ体験を生かし、「誰もが暮らしやすい滋賀になるよう協力、PRしたい」と述べた。

 麻倉さんは奈良県桜井市出身。子供のころ、大きくなればお母さんになると思っているのに、「男の子」…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです