メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

味土野ガラシャ大滝

命名 展望所、遊歩道が完成 幽閉の地・京丹後 /京都

落差が50~60メートルもある「味土野ガラシャ大滝」=京都府京丹後市弥栄町味土野で、塩田敏夫撮影

 京丹後市弥栄町味土野の「味土野ガラシャ大滝」の展望所と遊歩道が完成し、展望所で16日、開眼法要が営まれた。市観光協会弥栄支部が整備を進めていたもので、近くには駐車場も設けて観光客誘致につなげたいという。

 大滝は標高約400メートルの山中にあり、地元では「味土野大滝」と呼ばれ、落差は50~60メートルある。住民によると、以前は滝つぼに大きなアマゴがたくさんおり、手づかみで捕っていた。木が生い茂る季節は府道から見えにくくなるため、弥栄支部が展望所を開設することになった。

 弥栄支部長の梅田肇さんによると、地元の野間連合区などと「麒麟(きりん)がくる京丹後プロジェクト推進協議会」をつくり、大滝を新しく「味土野ガラシャ大滝」と命名した。来年のNHKの大河ドラマが戦国武将・明智光秀の生涯を描く「麒麟がくる」と決まったためで、光秀の娘のガラシャが本能寺の変の後に幽閉された味土野を観光資源として生かすことが狙いだ。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「守ってあげれなくてごめんなさい」 急死の木村花さんの母がツイート

  2. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 自首の36歳、殺人容疑で逮捕 埼玉・富士見のマンション2遺体

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです