メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ならまち暮らし

少年刑務所が結ぶ縁=寮美千子 /奈良

 旧奈良少年刑務所の話題が続いている。「監獄ホテル化計画」の運営者が「星野リゾート」に変更になった。1泊5万~8万円前後の高級路線にするという。その価格帯では泊まれる人は一部のお金持ちに限られてしまう。より多くの人に刑務所のことを知ってほしいから、これはかなり残念だ。

 もう一つは、廃庁後に奈良少年刑務所をロケ地としたジャニーズの「映画 少年たち」が公開されたこと。見にいって度肝を抜かれた。冒頭8分間の長回しを見るだけでも価値がある。扉を開け、次々に舎房の廊下に飛びだしてくる少年たちが、歌い踊り宙返りをする。相当の鍛錬がないと無理だ。しかも、その映像が、建物の美を存分に生かしている。建物そのものに敬意を払い、建築美と少年たちの歌と踊りを一体化させようとした気持ちがひしひしと伝わってくる。

 登場人物の少年たちにしても、一人一人の犯罪の背景、そこに潜む社会の問題まで、簡略ながらきちんと押さ…

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1271文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです