メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

K原さんちの里山探検

/23 オオルリ 歌声頼りに探そう /鳥取

オオルリ=桐原佳介さん撮影

 20代の頃、オオルリは山でないと会えない、そう思っていました。現に野生動物研究会のサークル活動で丹沢山麓(さんろく)や高尾山に赴いた折、高いスギの木のてっぺんでさえずっている姿を双眼鏡で見るのが精いっぱい。お天気が良く空が明るいと、スズメよりも少し大きいだけの小鳥は、遠過ぎて見えにくい上に、逆光で黒くなり、せっかくの青い衣装は拝めずじまい。その色彩をゆっくり観察できないままでした。

 そして南部町に住み始めて15年。この町で、オオルリは森や山でないと会えないという思い込みは、見事に覆されました。ある時は法勝寺のガソリンスタンドに飛び込み、ある時は伯耆町で保護された個体が持ち込まれ、ある時は自宅リビングからその青い羽をめでることができたりと、こんなに身近な野鳥になるとは思ってもみませんでした。

この記事は有料記事です。

残り930文字(全文1280文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです