メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本語初期集中指導教室

外国籍の子を支援 通学前に学ぶ 出雲で開講 /島根

日本語初期集中指導教室で学ぶ子ども(左)=島根県出雲市の出雲科学館で、山田英之撮影

 来日した外国籍の児童・生徒らを支援する出雲市の「日本語初期集中指導教室」が15日、出雲科学館(同市今市町)で始まった。日本の小中学校への通学前に20日間、あいさつや簡単なコミュニケーションに必要な言葉、学校のルールやマナーを学ぶ。市立斐川西中学校に通う予定のワタナベ・ジュリアさん(13)は「日本語を早く覚えて会話をしたい」と語った。

 開講式で市教委の植田義久教育部長はポルトガル語であいさつした後、「皆さんの頑張りをしっかり応援しま…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  3. 「衆院選をやるなら7月以外にない」 麻生氏、首相に衆参同日選を進言 ちらつく「4選」戦略
  4. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです