メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

平成金融危機の記憶=福本容子

 <sui-setsu>

 東大法学部を卒業し、日銀に就職。ニューヨーク、ロンドン、香港と海外勤務を重ね、国際局長になった。4年後、逮捕され拘置所で26日間過ごす。55歳の時だ。

 彼はどんな悪事を働いたのか。

 何も。1審は証券取引法違反で有罪、2審は控訴を棄却。2011年、12年間の法廷闘争の末、逆転無罪となった。東郷重興(しげおき)さん(75)。経営再建を託されて日本債券信用銀行(日債銀)に転出し、最後の頭取となった人だ。

 なぜ日債銀はつぶれ、東郷さんは逮捕されたのだろう。

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1020文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです