メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

両陛下、きょうから最後の訪問 平成流、地方に寄り添い

新潟県中越地震の見舞いで避難所を訪れ、被災者らを励まされる天皇、皇后両陛下=新潟県小千谷市の市総合体育館で2004年11月(代表撮影)

 天皇陛下は17~19日、皇后さまと共に三重県を訪問される。退位の儀式の一環として伊勢神宮を参拝するためで、在位中最後の地方訪問となる。被災地の見舞いや戦没者慰霊を積極的に重ね、全都道府県を2巡。国民の中に入っていく姿勢で続けてきた旅は「平成流」として定着した。【山田奈緒、高島博之】

「社会を知る」思い、積極的交流

 天皇、皇后両陛下の地方訪問の柱は、各都道府県持ち回りで毎年開かれる▽全国植樹祭▽国民体育大会▽全国豊かな海づくり大会--の3行事への出席で、計90回あった。福祉施設の見学を日程に組み込むことが多く、施設利用者や福祉の現場で働く人々との交流を大切にした。

 行事に伴う地方訪問は昭和天皇も行っていたが、陛下はそのスタイルに変化を加えている。第三者を交えない…

この記事は有料記事です。

残り1836文字(全文2170文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです