メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

ブラックホールどんな天体? ビー玉大で地球の重さ 光も吸い込む重力=回答・須田桃子

M87ブラックホールの影をとらえた画像=国立天文台など国際チーム提供

 なるほドリ ブラックホールが初めて撮影されたんだってね。どんなものなの?

 記者 物質(ぶっしつ)がギューッと詰まった、ものすごく密度(みつど)が高く、重い天体(てんたい)です。もしビー玉一つほどの大きさのブラックホールがあったとすると、その重さはなんと地球と同じです。重いほど重力が強いので、周囲の物質はもちろん光さえも引きつけ、一度吸い込まれたら最後、二度と脱出できません。アインシュタインの一般相対性理論(いっぱんそうたいせいりろん)で存在が予言され、吸い込むばかりの暗黒の天体なので、英語で「黒い穴」を意味する名前が付きました。

 Q 真っ暗なのにどうして撮影できたの。

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山陽新幹線、2回緊急停車させる 威力業務妨害容疑で59歳男逮捕

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです