メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

児童虐待、止めるには

井上登生 小児科医

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が死亡した事件を受け、児童虐待防止法などの改正案が5月に国会で審議入りする。事件では児童相談所と市教育委員会の不適切な対応や、虐待していたとされる父親による妻へのドメスティックバイオレンス(DV)の疑いも明るみに出た。どうすれば児童虐待を止めることができるのか。

この記事は有料記事です。

残り4389文字(全文4547文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです