ウクライナ大統領選

決選投票 政治不信で「庶民派」支持 コメディアン・ゼレンスキー氏、大差リード

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ゼレンスキー氏=ロイター
ゼレンスキー氏=ロイター

 今月21日に実施されるウクライナ大統領選の決選投票は、コメディアンのウラジーミル・ゼレンスキー氏(41)が現職のペトロ・ポロシェンコ大統領(53)を破る勢いだ。既存政治への批判を背景にゼレンスキー氏が支持を広げているのはなぜか。その人物像と人気の理由をゼレンスキー氏の故郷、東部クリボイログで探った。【クリボイログで大前仁】

 スマートフォンに収められた動画の中で、ゼレンスキー氏は照れ笑いを浮かべながら、祝辞を述べていた。「学校時代は人生で最も美しかっただけではなく、最も大切なときだった」--。2012年、母校の「第95ギムナジウム」(小学5年から高校までに相当)の記念行事に送った動画メッセージだ。

この記事は有料記事です。

残り2032文字(全文2334文字)

あわせて読みたい

注目の特集