メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アニマルクライシス

/1 象牙販売、抜け道残る日本

日本の象牙取引を巡る経緯

 <くらしナビ・環境>

 象牙を得るための密猟で、生息数を減らしているゾウ。象牙はすでに国際的な取引は原則として禁止され、多くの国で国内流通も閉鎖している。そうした中、いまだに国内での取引が認められている数少ない国の一つが日本だ。その現場を歩くと、市場が大幅に縮小する一方、違法になりかねない販売も続いている実態が浮かんだ。

この記事は有料記事です。

残り2021文字(全文2183文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです