メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アニマルクライシス

/1 象牙販売、抜け道残る日本

日本の象牙取引を巡る経緯

 <くらしナビ・環境>

 象牙を得るための密猟で、生息数を減らしているゾウ。象牙はすでに国際的な取引は原則として禁止され、多くの国で国内流通も閉鎖している。そうした中、いまだに国内での取引が認められている数少ない国の一つが日本だ。その現場を歩くと、市場が大幅に縮小する一方、違法になりかねない販売も続いている実態が浮かんだ。

この記事は有料記事です。

残り2021文字(全文2183文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです