地球温暖化

洪水・渇水のセット、「2度上昇」で危機大 日米欧研究チーム分析

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <くらしナビ・環境>

 地球温暖化が進むと、洪水と渇水が続けて起こるリスクが高まるとの分析結果を、日米欧の研究チームが発表した。温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」は産業革命前からの気温上昇を2度未満にする目標を掲げるが、努力目標の「1・5度上昇」に抑えればリスクを大幅に減らせるという。英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

 チームは、コンピューターシミュレーションで雨が降る日数や降水量、連続してまったく雨が降らない日数などを予測。2度上昇と1・5度上昇の場合を比較した。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文647文字)

あわせて読みたい

注目の特集