メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性のカラダノート

高齢出産/4 産後の母体不調、軽視せず

WiTHsが開く教室に通う母親。子連れでの参加もできる=神戸市で

 子育て優先の生活で、産後の母体ケアは後回しにされがちだ。しかし、ケアを怠ると、体に変調を来し、育児や社会復帰に悪い影響を及ぼしかねない。

 ●疲労、腰痛取れず

 神戸市に暮らす会社員の女性(38)は出産後、妊娠前のように戻らない体調に焦りを感じていた。3カ月間の育児休業をへて、仕事に戻る計画だったが、疲れが取れず、腰痛や肩こりにも悩まされ、とても仕事と育児が両立できる状態でなかった。

 女性は、妊産婦の相談に応じ、肩こりの予防や体力回復の支援をする「WiTHs(ウィズ)」(神戸市)に助けを求めた。リハビリテーションの専門職である理学療法士でつくり医師や助産師らと連携する民間団体だ。

この記事は有料記事です。

残り1215文字(全文1507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜の会食は「宴会ではない」 首相、野党に反論「意見交換」「いけないことなのか」

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです