メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
キズとカタチの総合医

機能障害を最小限に抑える=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

顔面骨と大腿骨

 救命救急センターに勤務していたころ、30代の男性がバイクの転倒事故で搬送されてきたことがありました。顔を半分くらいしか隠せないヘルメットを装着していたため、顔面が完全には守られないまま標識に突っ込み、鉄板が鼻の下から上顎(うわあご)に向かって食い込んでいました。

 大きな傷と共に上顎がグラグラしていて、開放性の上顎(じょうがく)骨骨折であると一目で分かりました。しかし、優先すべきは、命に直結する損傷の有無を見極め、速やかに必要な処置をすることです。

 この患者さんにはまず気管を切開し、呼吸のための経路を確保しました。鼻や口への出血が続くと、呼吸がで…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1017文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  4. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです