メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 介護保険施行20年=日本リハビリテーション学舎理事長・宮武剛

宮武剛 日本リハビリテーション学舎理事長

もっとやさしく語れ

 ニュースとは何か。それはジャーナリズムにとって永遠の自問自答だ。

 毎日新聞論説委員だった頃、筆者は、ニュースとは「アイウエオ」と定義していた。アッと驚く、イャーすごい、ウソーと言いたくなる。エッと絶句、オーと感動する。感嘆詞の世界であるからだ。

 社会保障は地味な分野だが、介護保険の登場はニュースだった。長年の家族の責任扱いから、アッと驚く「介護の社会化」。40歳から保険料を払う“中高年皆保険”にイャーすごい。65歳以上は年金から保険料を天引きされ、ウソーと高齢者は驚いた。

 従来は市町村が乏しい介護サービスを主に低所得者に公費で配る「措置制度」で、その支持者はエッと絶句し…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1115文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです