フランス

ノートルダム大聖堂火災 「象徴再建」パリ前向く 鎮火の大聖堂に誓う

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ノートルダム大聖堂が炎上し、街頭で祈る人たち=パリで2019年4月15日、AP
ノートルダム大聖堂が炎上し、街頭で祈る人たち=パリで2019年4月15日、AP

 【パリ賀有勇】フランスのカトリック教会を象徴するパリのノートルダム大聖堂の火災は、夜を徹した消火作業の末、出火から約15時間後に鎮火した。一夜明けた16日、小雨が降るなか、出勤途中の多くの市民が足を止め、慣れ親しんだ大聖堂の変わり果てた姿を見つめた。口々に火災のショックを語る一方で、宗教を超えて再建を望む声が高まっていた。

 鎮火が宣言される直前の16日朝(日本時間16日夕)、ノートルダム大聖堂が建つ、セーヌ川の中州にあたるシテ島の一部は立ち入り規制が続いていた。大聖堂には消防士らが出入りし、残り火がないかを入念に確認していた。

この記事は有料記事です。

残り1255文字(全文1522文字)

あわせて読みたい

注目の特集