メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日への備え

院内情報、スマホで集約 災害時の混乱減少 大阪市大病院

 <いのちを守る>

 大阪市立大大学院医学研究科の山本啓雅(ひろまさ)・病院教授(救急医学)らが、災害時にスマートフォンで病院内の情報を集約・分析できるシステムを考案し、先月7日から同大学医学部付属病院で運用している。従来は紙の書類で情報を集約し、状況把握に手間取って診療再開に影響することもあったという。

 近畿に暴風や高潮被害をもたらした昨年9月の台風21号。同市阿倍野区の付属病院1階ロビーには外来患者…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文914文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  4. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  5. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです