メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フランス

ノートルダム大聖堂火災 パリの象徴、無残 再建望む市民

 【パリ賀有勇】フランスのカトリック教会を象徴するパリのノートルダム大聖堂の火災は、夜を徹した消火作業の末、出火から約15時間後に鎮火した。一夜明けた16日、小雨が降るなか、出勤途中の多くの市民が足を止め、慣れ親しんだ大聖堂の変わり果てた姿を見つめた。口々にショックを語る一方で、宗教を超えて再建を望む声が高まっていた。

 鎮火が宣言される直前の16日朝(日本時間16日夕)、ノートルダム大聖堂が建つ、セーヌ川の中州にあた…

この記事は有料記事です。

残り935文字(全文1145文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです