メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
熊本地震3年

古里で家族と歩む 仮設暮らしの最中ステージ4乳がん発覚 南阿蘇の34歳「次は7月の誕生日迎えたい」

 2016年4月の熊本地震で2年近くの仮設住宅暮らしを余儀なくされ、その間に発覚したステージ4の乳がんと闘う熊本県南阿蘇村の主婦、梶原瑠美子さん(34)が、愛する家族に支えられながら明日に向かって一日一日を生きている。16日は本震から3年。復興へのつち音が響く古里を見つめ「次は7月の誕生日を迎えたい」と力を込めた。【佐野格】

 「いつも元気いっぱいなんですよ」。自宅で駆け回る小2の長男蒼佑(そうすけ)さん(7)と次男琉心(り…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1009文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです