メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄・普天間爆音訴訟

賠償減21億円 基準額引き下げ 高裁那覇支部

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の周辺住民約3400人が米軍機の飛行差し止めと騒音被害への損害賠償などを国に求めた「第2次普天間爆音訴訟」の控訴審判決が16日、福岡高裁那覇支部であった。大久保正道裁判長は、原告のうち3395人に総額約24億5800万円を支払うよう国に命じた1審・那覇地裁沖縄支部判決(2016年11月)を変更し、総額約21億2100万円の支払いを命じた。賠償の認定基準額を1審から大幅に引き下げ、米軍機の飛行差し止め請求も1審と同様に退けた。住民側は上告する方針。【遠藤孝康】

この記事は有料記事です。

残り1668文字(全文1917文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  3. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  4. はやぶさ2 危険伴う2回目のリュウグウ着陸「するか」「しないか」惑星協会がメッセージ募集
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです