メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再思三省

第73回 危険なプラスチック

回収先から運ばれてきたプラスチックなどの廃棄物を選別、破砕する施設=岡礼子撮影

[PR]

「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづっています。なお、この中には必ずしも一般的に間違いとはいえないものもあります。読者への配慮や紙面上の統一などの点から決めているものは、理由とともに示しています。

分別できてますか

 発砲ポリエチレン(の食品トレー) → 発泡スチロール

 最近見かけなかった「発砲酒」の類いが久しぶりに登場……話はそれだけではすみませんでした。よく似たプラスチックですが、ふつう肉や魚のトレーに用いるのは発泡ポリ「ス」チレン。一般に発泡スチロールと呼ばれ、特に理由がなければそう書く方が分かりやすいでしょう。メーカーのウェブサイトによると、発泡ポリエチレンの用途は果物を保護するネットなど。プラスチックごみが世界的な問題となっていますが、紙面の上でもしっかり分別を。

ユーはどこへ

 (知事・市長の)W選挙 → ダブル選挙

 統一地方選では大阪府知事選、大阪市長選が行われました。見出しで「大阪W選」とすれば短くてすむのですが、これは毎日新聞ではルール違反。W(ダブリュー)の由来は「ダブル+U」なので、「ユー」を消して「ダブル」と読ませるのは筋が通りません。またダブルの英語でのつづりはdoubleで「W」はありません。校閲ウェブサイトのアンケートでも「W選」に違和感があるという方が過半数でした。衆参ダブル選があるとかないとか言われている夏まで、要注意です。

実質、皇帝?

 大統領在位30年 → 大統領在任30年

 天皇陛下在位30年記念式典が記憶に新しい中、独裁体制を敷く国の指導者についての記事で現れました。辞書では「在位」は「天皇・帝王・教皇が位についていること」(三省堂国語辞典)。選挙で選ばれた大統領には使いづらそうです。まあ30年も大統領の座にあるとなれば、実質皇帝のような権力者なのかもしれませんが……。ここは首相などの場合と同様「<任務/任地>にあること」(同)を意味する「在任」がよいでしょう。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師が必要と判断した人のPCR検査もできず…鈴木前医務技監「頭を下げるしかない」

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです