障害のある議員極端に少なく 統一地方選に挑むも制約多く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
手話通訳者(手前)と音声を文字にするシステムでの支援を受ける佐藤太信市議=埼玉県戸田市議会で2019年3月11日9時44分、成田有佳撮影
手話通訳者(手前)と音声を文字にするシステムでの支援を受ける佐藤太信市議=埼玉県戸田市議会で2019年3月11日9時44分、成田有佳撮影

 統一地方選で障害を持つ人たちが選挙戦に挑んでいる。だが選挙運動や議会活動に制約があり、障害のある議員の割合は障害者の割合に比べて極端に少ない。統一地方選の対象ではない地方議会でも、障害のある議員がバリアフリーのための支援を受けながら奮闘している。【成田有佳、斎藤文太郎】

 2017年1月に改選した埼玉県戸田市議会の委員会。市の担当者がマイクで答弁すると、補聴器を着けた佐藤太信(たかのぶ)議員(38)の向かい側に座る手話通訳者が訳していく。同時に音声が文字に変換されてパソコンに表示された。

 佐藤議員は2歳で聴覚を失った。幼い頃から発声の猛練習をしたため、相手の唇の動きで話を理解し、声で意思を伝えられるが、音は補聴器をしても途切れ途切れにしか聞こえない。「聞こえないからこその視点を政治に生かしたい」と立候補して17年に初当選した。

この記事は有料記事です。

残り1381文字(全文1749文字)

あわせて読みたい