政治

交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
立憲民主党の枝野幸男代表(左)と国民民主党の玉木雄一郎代表=川田雅浩撮影
立憲民主党の枝野幸男代表(左)と国民民主党の玉木雄一郎代表=川田雅浩撮影

 夏の参院選に向けた野党の協力がなかなか進まない。立憲民主党の枝野幸男代表と国民民主党の玉木雄一郎代表の目指す路線が違うからだ。安倍政権の「緩み」が次々に露呈しても自民党の「1強」が揺らがないのは、野党にも責任の一端がある。野党の両党首にはその危機感が薄いように見える。

立憲 他党とあつれきも

 統一地方選の前半戦終了から間もない9日、立憲民主党の菅直人元首相のツイッターへの投稿が波紋を広げた。「野党再編の道筋がはっきりしてきた。国民民主党は、政治理念が不明確なので解散し、参院選までに個々の議員の判断で立憲との再結集に参加するのが望ましい」

 7日投開票の41道府県議選で立憲民主党は118人が当選し、選挙前の87人から議席を伸ばした。一方、国民民主党は選挙前の142人から83人に減らした。ただ、同党は「推薦した当選者を含めると踏みとどまったといえる」(幹部)と分析しており、菅氏の発言は放置できなかった。

この記事は有料記事です。

残り1785文字(全文2189文字)

あわせて読みたい

注目の特集