メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露の思惑読み違え 日本の「2島返還」不発

 安倍晋三首相は、政権のレガシー(政治的遺産)にしたいと思い描く日露平和条約締結について、当初目指した6月の大筋合意を見送らざるを得なくなった。北方領土の「4島返還」を封印することでロシアから一定の譲歩を引き出す戦略が奏功せず、歴史認識などを巡る溝が鮮明になって交渉が行き詰まったからだ。政府は経済協力などを通じて両国の信頼醸成を図る方針に戻るが、条約締結交渉の遅れは避けられない。【光田宗義、古川宗、大前仁(モスクワ)】

 「日露の外相、外務次官級による協議でやるべきことをやり、首脳会談につなげたい」

この記事は有料記事です。

残り2064文字(全文2315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです