メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「復興・防災庁」創設盛る 公明の参院選公約骨子案

 公明党は夏の参院選公約の骨子案をまとめた。2020年度末で廃止される復興庁の後継組織として「復興・防災庁」(仮称)を創設する。20年代半ばに半数以上の都道府県で最低賃金1000円を超えることを目指す。27日に党本部で開く全国県代表協議会で発表する。

 骨子案は「小さな声を、聴く力。」がキャッチフレーズ。着実な賃上げ▽子育て支援▽健康寿命の延伸▽防災・減災▽若者・女性・障害者・性的少数者支援――の…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです