メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネット取引の「デジタル」分野も対象に 日米貿易交渉終了

茂木敏充経済再生担当相=首相官邸で、川田雅浩撮影

 【ワシントン中井正裕】日米両政府は16日(日本時間17日未明)、貿易協定締結に向けた交渉の初会合を終えた。農産物や自動車を中心とした物品の関税撤廃・削減交渉に着手したほか、インターネットで情報やサービスを取引する「デジタル貿易」分野も交渉対象とすることで合意した。米通商代表部(USTR)は会合後の声明で「巨額の対日貿易赤字を取り上げた」と強調、日本に貿易不均衡是正を厳しく迫る姿勢を改めて示した。

 初会合は訪米した茂木敏充経済再生担当相とUSTRのライトハイザー代表との間で15日から2日間行われた。茂木氏は初会合終了後、記者団に「早期にいい成果を目指すことで一致した。よいスタートが切れた」と説明。USTRも声明で「昨年9月の日米(首脳会談時の)共同声明を進めるため、実質的な成果を得るという共通目標を再確認した」と表明した。茂木氏は、今月下旬に開く予定の日米首脳会談の準備を進めるため、ライト…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. 山梨のキャンプ場女児不明 両親が新たな写真を公開 

  4. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです