マクロン大統領「5年以内に再建」 24年パリ五輪視野か ノートルダム大聖堂火災

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ノートルダム大聖堂の火災についてテレビ演説するマクロン仏大統領=16日、AP
ノートルダム大聖堂の火災についてテレビ演説するマクロン仏大統領=16日、AP

寄付金、国内外から計840億円

 【パリ賀有勇】フランスのマクロン大統領は16日、国民に向けてテレビ演説を行い、火災に見舞われたパリ中心部のノートルダム大聖堂について、「より美しい大聖堂を5年以内に再建する。我々にはできる」と強調した。一方で、仏捜査当局は大聖堂の改修工事が出火に関係しているとみて、原因の特定を急いでいる。

 マクロン氏やパリのイダルゴ市長は15日の火災後、再建に向けて寄付を募る方針を表明。仏テレビ「フランス24」によると16日現在、国内外から計約7億5000万ユーロ(約840億円)の寄付の申し出があったという。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文753文字)

あわせて読みたい

注目の特集