メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジョコ大統領が勝利宣言 インドネシア大統領選

優勢が伝えられる中、笑顔を見せるジョコ氏(左)とマアルフ・アミン副大統領候補=ジャカルタで2019年4月17日、武内彩撮影

 【ジャカルタ武内彩】インドネシア大統領選挙は17日、投開票が行われた。主要民間調査機関の開票速報などによると、再選を目指すジョコ大統領(57)が優位の情勢。ジョコ氏は「国家としてまた一つにまとまろう」と述べ、事実上の勝利宣言を行った。

 開票速報によると、ジョコ氏は17日午後9時(日本時間同日午後11時)時点で10ポイント程度リード。選挙管理委員会の正式発表には時間がかかるとみられる。ただ、野党候補の元陸軍幹部、プラボウォ氏(67)陣営は「投票時に多くの妨害があった」などと主張。支持者らが大規模な抗議行動を起こす可能性もある。2014年の前回大統領選では、落選したプラボウォ氏が結果に異議を申し立てたものの憲法裁判所が棄却し、警察とデモ隊の衝…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです