メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新紙幣の顔 渋沢栄一の漢詩の軸を確認 京都・霊山歴史館

渋沢栄一が渡米時の感想を漢詩でつづったとされる掛け軸=京都市東山区の霊山歴史館で2019年4月11日、中津川甫撮影

 2024年度からの新しい1万円札に採用が決まった実業家で、「近代日本の資本主義の父」とされる渋沢栄一(1840~1931年)が渡米時の所感を28文字の漢詩で書いた掛け軸が、京都市東山区の霊山(りょうぜん)歴史館で確認された。明治末期ごろの作と推定され、同館は渋沢の名前と雅号「青淵(せいえん)」の朱印があることから直筆とみている。開催中のリニューアル特別展で第2期の16日から展示を始めた。

 昨年の「明治150年」の記念で、横浜市の男性が集めた歴史資料「武渓(ぶけい)文庫」から同館が譲り受…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文805文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです