これが「むかわ竜」 全身復元骨格標本を公開 212個の化石から 北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北海道大総合博物館とむかわ町穂別(ほべつ)博物館は、ハドロサウルス科の恐竜「むかわ竜」の全身復元骨格標本(レプリカ)を報道陣に公開した。約7200万年前の白亜紀後期の恐竜で、化石から復元された全身骨格としては国内最大という。

 同町穂別稲里で2003年に発見された212個の化石を全て樹脂で型どりし、2年がかりで全長8メー…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

あわせて読みたい

注目の特集