江戸時代の鉄砲鍛冶は年商3億円 堺市と関西大が古文書から解明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鉄砲鍛冶屋敷で見つかった「萬覚帳」=堺市提供
鉄砲鍛冶屋敷で見つかった「萬覚帳」=堺市提供

 堺市と関西大は17日、江戸時代前期に建てられた鉄砲の生産現場として全国で唯一現存する市内の鉄砲鍛冶屋敷の古文書を分析した結果、最盛期の年商は約3億円だったと発表した。報告書をまとめた藪田貫・関西大名誉教授(日本近世史)は「鉄砲ビジネスの実態が初めて分かる貴重な史料だ」と話している。

 堺で1660年代には鉄砲鍛冶をしていたとされる井上関右衛門家の屋敷に残された2万点…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

あわせて読みたい

ニュース特集