メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

江戸時代の鉄砲鍛冶は年商3億円 堺市と関西大が古文書から解明

鉄砲鍛冶屋敷で見つかった「萬覚帳」=堺市提供

 堺市と関西大は17日、江戸時代前期に建てられた鉄砲の生産現場として全国で唯一現存する市内の鉄砲鍛冶屋敷の古文書を分析した結果、最盛期の年商は約3億円だったと発表した。報告書をまとめた藪田貫・関西大名誉教授(日本近世史)は「鉄砲ビジネスの実態が初めて分かる貴重な史料だ」と話している。

 堺で1660年代には鉄砲鍛冶をしていたとされる井上関右衛門家の屋敷に残された2万点…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ禍で東京オリンピックは開催できるのか 首相の経済回復願望と「五輪ムードない」医療の危機

  2. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  3. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

  4. ORICON NEWS 第164回「直木賞」は西條奈加氏『心淋し川』 加藤シゲアキ受賞ならず

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです