メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年度九州貿易統計 輸出過去最高9兆円超に

 門司税関が17日発表した九州・山口・沖縄9県の2018年度の貿易統計(速報値)によると、輸出総額は前期比1・7%増の9兆153億円となり、2年連続で過去最高を更新した。自動車や半導体などの輸出が堅調で、比較可能な1979年度以来初めての9兆円超え。輸入総額は、原油価格の上昇などで9・4%増の7兆3977億円。輸出から輸入を差し引いた貿易黒字は23・0%減の1兆6176億円だった。【高橋慶浩】

     スポーツタイプ多目的車(SUV)の人気が続く自動車は、米国やアジア向けが好調で、6・3%増の2兆2619億円。デジタルカメラ向けを中心に拡大した半導体等電子部品は、アジアの需要が旺盛で、4・6%増の8553億円。いずれも過去最高だった。

     一方、生産自動化やスマートフォン需要を背景に近年好調だった半導体等製造装置は、韓国の設備投資一巡で大幅に減り、28・0%減の5573億円と4年ぶりに減少に転じた。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トランプ氏相撲観戦 升席観戦で厳戒態勢
    2. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
    3. 熱中症か 北海道と宮城の男性が死亡
    4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
    5. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです